入院・面会のご案内

入院のご案内

入院の手続き

入院手続に必要なもの

必ずお持ちいただくもの 入院申込書(用紙は各科外来でお渡ししますので、必要事項を記入の上、押印願います。なお、保証人については入院者世帯と別の生計を営む方としてください。)、保険証、診療カード
該当する方が必要なもの 各公費医療受給者証(又は医療券)(※)、高額療養費の限度額認定証、介護保険証
  • 75歳以上(後期高齢者医療制度に該当)の方は「後期高齢者医療被保険者証」、新潟市こども医療費助成の受給資格の方は「こども医療費助成受給者証」、特定疾患治療研究事業の受給資格の方は「特定疾患医療受給者証」
資料のダウンロード

入院当日

入院当日は各科外来で指定された時間に「入院手続に必要なもの」に記載されているものを1階新患窓口へ提出後、4階病棟ナースステーションへおいでください。看護師がお部屋にご案内いたします。

入院に必要なもの

  • 現在(ふだん)お飲みになっているお薬
  • 洗面用具(歯ブラシ、歯みがき、洗面器、石けん、タオルなど)
  • すべりにくい履物、着るもの(下着など、また冬期には上にはおるものをお持ちになるとよいでしょう。)
  • その他身の回り品(セット内容以外のもの)
    身の回り品、新聞、雑誌等は1階の売店でも販売しています。
    売店の営業時間は、月曜日から金曜日の午前8時から午後5時までです。
  • ねまき(病衣)は衛生管理上、できるだけ当病院で用意するものの使用をお願いしております。
  • 病院は大勢の人が出入りしますので、貴重品はお持ちにならないようにお願いします。
    なお、少額の現金等の保管のためのセイフティボックスが各床頭台に用意してあります。

セットレンタルの導入について

「ねまき・タオルのセットサービス」の提供を開始しています。

セット提供品 病衣(上下タイプ・浴衣タイプ)、バスタオル、フェイスタオル
サービス品 ボックスティッシュ、リンスインシャンプー、ボディーソープ、オシボリタオル、コップもしくは吸い飲み
セットレンタルの良いところ!
  • 入院時の手荷物を減らせます
  • 不足した物品を購入する手間がなくなります
  • 洗濯物を軽減できます
  • いつでも清潔なものが利用できます
  • 緊急入院でもすぐご利用できます
  • 私物の破損・紛失が少なくなります

入院時のお部屋について

  • お部屋は4人部屋が標準です。
    各ベットには、キャビネット(洋服入れ)、テレビ、簡易金庫、冷蔵庫が備わっています。
  • 個室をご希望される方は、入院予約時に看護師までお申し出ください。(個室料金が必要になります。)
    なお、空室のない場合は4人部屋にお入りいただくことになりますのでご了承ください。
  • 個室はすべてバス、トイレつきですが、浴室での洗濯及び入院患者さま以外の入浴は固くお断りします。
    なお、入院患者さまの入浴や洗髪は看護師を通じて主治医の許可を得てください。
  • テレビや冷蔵庫等は自由にご利用いただけますが、1日の定額料金を入院料金と一緒に請求させていただきます。

携帯電話、スマートフォン、インターネットの使用について

携帯電話の使用、インターネット接続(Wi-Fi)についてはこちらをご覧ください。

入院料金のお会計について

  1. 退院時には、退院当日分までの入院費のお支払いをお願いします。
    なお、退院当日分までの計算のため、準備が出来るまでの間お待ちいただく場合がありますのでご了承ください。
  2. 月を越えて入院中の患者さまの入院費(付添の食事等を含む)は、月ごとに精算をお願いします。
    月初めの10日までに前月分の入院費をお知らせしますので、14日以内にお支払いください。
  3. 料金支払いの1階会計窓口の取扱い時間は次のとおりです。
    月曜日~金曜日(祝休日を除く)午前8時30分~午後5時

お見舞いのご案内

毎日午後1時30分から午後8時30分までです。

4階ナースステーションにお越しください。

面会時間終了後や休診日で正面入り口が閉まっている場合は、正面入り口のインターホンで係をお呼び下さい。

診断書の発行

診断書・証明書等の申請手続

入院保険金請求等のための証明書類及び診断書については、各社所定の用紙を添えて総合受付にお申し出ください。

なお、入院中は病棟ナースステーションへお申し出ください。

ご注意事項

ご本人さまからの申し込みが原則です。

ご本人さま以外の方の申し込みは委任状が必要となります。

「地域包括ケア病床」のご案内

地域包括ケア病床とは

急性期治療を終了し、直ぐに在宅や施設へ移行するには不安のある患者様に対し在宅復帰に向けて医療管理、診療、看護、リハビリを行うことを目的とした病床です。

地域包括ケア病床(44床)

「401~403号室(個室)、405・406号室(個室)、410号室(個室)、411・412号室(2床)、415~418号室(4床)、420~423号室(個室)、425~427号室(4床)、428号室(個室)、430号室(個室)」をご用意しています。

地域包括病床への入院が対象となる患者様

  • 入院治療により状態は改善したが、在宅に戻るには、もう少し治療継続が必要な方
  • 入院治療により症状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な方
  • 在宅での療養準備が必要な方 等

なお、入院期間は、状態に応じて60日が限度になっております。

在宅復帰に向けて

在宅復帰をスムーズに行うために、主治医、看護師、専従リハビリスタッフ、在宅復帰支援担当者等が協力して、在宅復帰支援を行っていきます。

入院費用について

地域包括ケア入院医療管理料を算定します。この管理料は包括制となっており、入院基本料・投薬料・注射料・処置料・検査料・画像診断料・リハビリテーション料などが含まれています。

この算定基準の変更に伴い、患者様への請求額が転室(転院)前と変わることがありますので、ご了承ください。なお、詳しくは医事課職員にお尋ねください。

また、個室を希望される場合は、当院が別に定める個室料が発生します。